検索
  • ishidaikkando

湿邪

5月の沖縄の梅雨入りから徐々に梅雨前線が北上しています。

これから1ヶ月半くらいは天気が不安定で洗濯物も乾きにくい日が多くなるでしょうね。


中医学では、湿気は様々な病気を引き起こすので「湿邪」と言われています。


この時期は体の中でも湿邪が溜まりやすく、身体がだる重い、関節がだる痛い、下り物が多い、鬱っぽくなりやすいなどの症状が出やすいです。


また、消化器系も湿邪の影響で食欲が低下したり、悪心、嘔吐、下痢などにもなりやすくなります。


外からの湿気が水分を上手く排出出来ず、下に流れて行くと下半身の浮腫み、おしっこの出が悪いなどの症状も...


こんな時は湿邪を取り除いてあげるのが

いいようです。


イスクラ勝湿顆粒は外からの湿気を払い、体内の湿邪を追い出す働きがあります。


梅雨時期の風邪、元気がない、全身がだるい、胸が苦しい、悪心嘔吐、下痢などには最適です。


湿邪の症状がある時は湿邪を払ってくれる勝湿顆粒を上手に活用してみてくださいね。


バラ売りもしていますのでお気軽にご相談ください。


閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示

10月入っても日中暑い日がありましたが、 だんだんと秋が深まって来るみたいですね。 この時期気になるのが、 日中と朝晩の気温差の大きさ。 そこで気を付けたいのが寒暖差疲労です。 気温の差が激しいと、 自律神経が過剰に働き、 体が疲れてしまう事を寒暖差疲労と呼ぶそうです。 特に女性は筋肉量が少なくて汗もかきにくいうえに、 女性ホルモンの影響よって ホルモンバランスも崩しやすいので、 気を付けた方がい