検索
  • ishidaikkando

熱中症

あっという間に梅雨もあけて、

急に暑くなり、テレビではよく熱中症に注意してくださいと言われていますね。


暑くなると中医学では熱邪に

注意した方がいいといいます。


体の中に熱が入り込んで不調を起こすのです。


熱が体の中にこもってしまうと

水分やエネルギーを消耗して潤いや気力を奪われてしまいます。


その結果、熱中症にもなりやすくなります。


食養生としては冷たい物を沢山入れると

胃腸がバテて余計に弱りやすいので、

冷ます食べ物を上手に取り入れてみることをオススメします。


冷ます食べ物は、春菊、シソ、チンゲン菜、豆腐、トマト、蕎麦...などです。


また体の潤いとエネルギーをくれる漢方、麦味参顆粒を熱中症予防にオススメです。


また、お子様でも飲みやすい味なので

スポーツされているお子様のスポーツドリンクに混ぜて飲ませてあげられるといいと思います。


夏に増える脳卒中予防には麦味参にイチョウの葉エキスGBE-24をプラスすると効果的です。




暑い暑い夏こまめな水分補給や休息をとりながらお元気にお過ごし下さい。


閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

10月入っても日中暑い日がありましたが、 だんだんと秋が深まって来るみたいですね。 この時期気になるのが、 日中と朝晩の気温差の大きさ。 そこで気を付けたいのが寒暖差疲労です。 気温の差が激しいと、 自律神経が過剰に働き、 体が疲れてしまう事を寒暖差疲労と呼ぶそうです。 特に女性は筋肉量が少なくて汗もかきにくいうえに、 女性ホルモンの影響よって ホルモンバランスも崩しやすいので、 気を付けた方がい