検索
  • ishidaikkando

熱中症

あっという間に梅雨もあけて、

急に暑くなり、テレビではよく熱中症に注意してくださいと言われていますね。


暑くなると中医学では熱邪に

注意した方がいいといいます。


体の中に熱が入り込んで不調を起こすのです。


熱が体の中にこもってしまうと

水分やエネルギーを消耗して潤いや気力を奪われてしまいます。


その結果、熱中症にもなりやすくなります。


食養生としては冷たい物を沢山入れると

胃腸がバテて余計に弱りやすいので、

冷ます食べ物を上手に取り入れてみることをオススメします。


冷ます食べ物は、春菊、シソ、チンゲン菜、豆腐、トマト、蕎麦...などです。


また体の潤いとエネルギーをくれる漢方、麦味参顆粒を熱中症予防にオススメです。


また、お子様でも飲みやすい味なので

スポーツされているお子様のスポーツドリンクに混ぜて飲ませてあげられるといいと思います。


夏に増える脳卒中予防には麦味参にイチョウの葉エキスGBE-24をプラスすると効果的です。




暑い暑い夏こまめな水分補給や休息をとりながらお元気にお過ごし下さい。


閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

5月の沖縄の梅雨入りから徐々に梅雨前線が北上しています。 これから1ヶ月半くらいは天気が不安定で洗濯物も乾きにくい日が多くなるでしょうね。 中医学では、湿気は様々な病気を引き起こすので「湿邪」と言われています。 この時期は体の中でも湿邪が溜まりやすく、身体がだる重い、関節がだる痛い、下り物が多い、鬱っぽくなりやすいなどの症状が出やすいです。 また、消化器系も湿邪の影響で食欲が低下したり、悪心、嘔吐

口内炎や口の横が切れる口角炎になったりしませんか? 私は口内炎になりかけたり、口角炎になったりします。 なぜ口内炎や口角炎になるのか? 漢方の考え方では過剰な熱が口に溜まることで口内炎ができると考えられています。 なぜ過剰な熱が口にたまるの? ・食べ過ぎ、飲みすぎで胃腸が働きすぎてオーバーヒートに... 熱は上に上がる性質があるので胃腸にたまった熱は上に上がって口へと伝わっていくのです。 ・辛いも