top of page
検索
  • ishidaikkando

夏バテ

蒸し暑い日が続いておりますが、お変わりありませんでしょうか。


外に出ればムシムシ、建物の中はヒンヤリ...


身体は体温を一定に調整しようと自律神経が働いています。


この外と中の気温差で、自律神経がオーバーワークになると、体温調節のバランスが乱れて様々な不調になります。


これが夏バテです。



夏バテの代表的な症状が胃腸障害。


胃の場合は交換神経が強く働く事で胃の血流量が減り、胃の運動低下や胃酸.胃粘液の分泌減少につながります。


その結果胃の働きが低下して、食欲不振や胃もたれといった症状をおこしてしまうそうです。



冷たい飲み物をガブガブと流し込むのは控え目に、時には温かい物も取り入れて下さいね。



体のバテには「麦味参顆粒」(バクミサンカリュウ)を


胃腸のバテには「勝湿顆粒」(ショウシツカリュウ)などもオススメです。



バラ売りもしてますので、お気軽にお試し下さい。






胃腸お元気で夏を楽しくお過ごし下さい。

閲覧数:12回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ずいぶんと寒くなってきましたね。 足腰が痛くなっていませんか? 気温が下がって身体も冷えてくると、痛みという形で血流が悪くなってますよ、と体が教えてくれます。 お風呂に入ったり、お布団でぬくもっている時は痛みが楽になるという方は、血流が悪くなっている可能性があります。 刺すような痛みがある方は特に血流が悪くなっている可能性が高いです。 血流が悪くなって足腰の痺れ、痛みが出ている方には温めて下半身の

10月入っても日中暑い日がありましたが、 だんだんと秋が深まって来るみたいですね。 この時期気になるのが、 日中と朝晩の気温差の大きさ。 そこで気を付けたいのが寒暖差疲労です。 気温の差が激しいと、 自律神経が過剰に働き、 体が疲れてしまう事を寒暖差疲労と呼ぶそうです。 特に女性は筋肉量が少なくて汗もかきにくいうえに、 女性ホルモンの影響よって ホルモンバランスも崩しやすいので、 気を付けた方がい

記事: Blog2_Post
bottom of page