検索
  • ishidaikkando

夏バテ

蒸し暑い日が続いておりますが、お変わりありませんでしょうか。


外に出ればムシムシ、建物の中はヒンヤリ...


身体は体温を一定に調整しようと自律神経が働いています。


この外と中の気温差で、自律神経がオーバーワークになると、体温調節のバランスが乱れて様々な不調になります。


これが夏バテです。



夏バテの代表的な症状が胃腸障害。


胃の場合は交換神経が強く働く事で胃の血流量が減り、胃の運動低下や胃酸.胃粘液の分泌減少につながります。


その結果胃の働きが低下して、食欲不振や胃もたれといった症状をおこしてしまうそうです。



冷たい飲み物をガブガブと流し込むのは控え目に、時には温かい物も取り入れて下さいね。



体のバテには「麦味参顆粒」(バクミサンカリュウ)を


胃腸のバテには「勝湿顆粒」(ショウシツカリュウ)などもオススメです。



バラ売りもしてますので、お気軽にお試し下さい。






胃腸お元気で夏を楽しくお過ごし下さい。

閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

5月の沖縄の梅雨入りから徐々に梅雨前線が北上しています。 これから1ヶ月半くらいは天気が不安定で洗濯物も乾きにくい日が多くなるでしょうね。 中医学では、湿気は様々な病気を引き起こすので「湿邪」と言われています。 この時期は体の中でも湿邪が溜まりやすく、身体がだる重い、関節がだる痛い、下り物が多い、鬱っぽくなりやすいなどの症状が出やすいです。 また、消化器系も湿邪の影響で食欲が低下したり、悪心、嘔吐