top of page
検索
  • ishidaikkando

胃腸の冷え

暑い日が続いていますね。

こんな季節は冷たい物をグビグビっと飲みたくなりますね。


しかし、胃腸が弱い方はやり過ぎないでください。

胃腸の冷えは水分過多の状態をおこすそうです。


胃腸の働きが鈍っている時は、顔や体のむくみや筋力低下、食欲不振、お腹が鳴ったりといった症状が出やすいです。


栄養吸収が下がってしまうため、貧血ぎみとなって、舌の赤みが薄くなったり、皮膚が弱くなりやすいとか。



歯茎の出血やアザができやすい人、顔が黄色っぽい人は、栄養がうまく吸収しづらくて毛細血管がもろくなっている状態。このため、出血しやすくなるそうです。


冷えや水分の摂りすぎが重なると舌のコケが白く厚くなって、便がゆるくなったりします。温かいものが欲しくなる傾向もあるようです。



時に冷たいものだけじゃなくて暖かいものや体を温める根菜類やしょうが等も取り入れていきたいですね。




「顔を見れば病気がわかる 猪越恭也著」を参考にさせて頂きました

胃腸を元気に夏バテ知らずでこの暑い時期を乗りこえていきましょう。

閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ずいぶんと寒くなってきましたね。 足腰が痛くなっていませんか? 気温が下がって身体も冷えてくると、痛みという形で血流が悪くなってますよ、と体が教えてくれます。 お風呂に入ったり、お布団でぬくもっている時は痛みが楽になるという方は、血流が悪くなっている可能性があります。 刺すような痛みがある方は特に血流が悪くなっている可能性が高いです。 血流が悪くなって足腰の痺れ、痛みが出ている方には温めて下半身の

10月入っても日中暑い日がありましたが、 だんだんと秋が深まって来るみたいですね。 この時期気になるのが、 日中と朝晩の気温差の大きさ。 そこで気を付けたいのが寒暖差疲労です。 気温の差が激しいと、 自律神経が過剰に働き、 体が疲れてしまう事を寒暖差疲労と呼ぶそうです。 特に女性は筋肉量が少なくて汗もかきにくいうえに、 女性ホルモンの影響よって ホルモンバランスも崩しやすいので、 気を付けた方がい

記事: Blog2_Post
bottom of page