top of page
検索
  • ishidaikkando

爪は生活習慣の記録

爪って普段から気にしてますか?

実は爪は生活習慣の記録が残ってる場所なのです。


今回は爪の色について...


爪は実は皮膚や筋肉と似た成分タンパク質からできています。

爪の色がピンクならその下を流れている血液はキレイです。

紫や黒っぽいなら、血液は汚れている状態。

白っぽいなら貧血傾向。

赤みが強いなら血が濃すぎる。

爪表面が白く濁って見えるなら肝臓の働きが悪いなどが考えられます。


血液がサラサラで栄養が十分なら、爪は丈夫で表面はツルツルして薄いピンクをしています。

爪は血を貯蔵する肝臓と関わりが強いので、肝臓を元気にしとくといいみたいですよ。


爪の根元を時々マッサージすると血行が良くなっていい爪が生まれやすくなるのでオススメですよ〜




閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ずいぶんと寒くなってきましたね。 足腰が痛くなっていませんか? 気温が下がって身体も冷えてくると、痛みという形で血流が悪くなってますよ、と体が教えてくれます。 お風呂に入ったり、お布団でぬくもっている時は痛みが楽になるという方は、血流が悪くなっている可能性があります。 刺すような痛みがある方は特に血流が悪くなっている可能性が高いです。 血流が悪くなって足腰の痺れ、痛みが出ている方には温めて下半身の

10月入っても日中暑い日がありましたが、 だんだんと秋が深まって来るみたいですね。 この時期気になるのが、 日中と朝晩の気温差の大きさ。 そこで気を付けたいのが寒暖差疲労です。 気温の差が激しいと、 自律神経が過剰に働き、 体が疲れてしまう事を寒暖差疲労と呼ぶそうです。 特に女性は筋肉量が少なくて汗もかきにくいうえに、 女性ホルモンの影響よって ホルモンバランスも崩しやすいので、 気を付けた方がい

記事: Blog2_Post
bottom of page