top of page
検索
  • ishidaikkando

口内炎、口角炎

口内炎や口の横が切れる口角炎になったりしませんか?

私は口内炎になりかけたり、口角炎になったりします。


なぜ口内炎や口角炎になるのか?

漢方の考え方では過剰な熱が口に溜まることで口内炎ができると考えられています。


なぜ過剰な熱が口にたまるの?

・食べ過ぎ、飲みすぎで胃腸が働きすぎてオーバーヒートに...

熱は上に上がる性質があるので胃腸にたまった熱は上に上がって口へと伝わっていくのです。

・辛いものや脂っこいものの摂りすぎ

辛味の強いものは体を温める働きが。

また、脂っこいものは胃腸に負担がかかり熱がこもりやすいのです。

・風邪

・ストレス

イライラや怒りも体に余分な熱を溜めやすくなって舌先が赤く痛くなったりもします。

・慢性疲労、体の弱り

疲れると口内炎になる、夕方微熱が出るかたも注意して下さいね。


一時期よく口角炎になっていた私ですが、店長に「これがいいよ。飲んでみんさい。」と教わった漢方を2日飲んだら、あれ?あんなに治らなくて痛かった口角炎が治っていたんです!

それからは口角炎、口内炎なりかけたらすぐこの漢方を飲んで1日で治ったりして、なりにくくなりました。


頓服的に飲めるのも気軽に飲めていいですよ。

一日分からバラ売りしているのでお気軽にどうぞ( ˶ˆ꒳ˆ˵ )



熱を冷ますオススメの食材はミョウガ、トマト、ゴーヤ、柿、タコ..,などがありますので、食事に取り入れてみてくださいね*ˊᵕˋ)੭


閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ずいぶんと寒くなってきましたね。 足腰が痛くなっていませんか? 気温が下がって身体も冷えてくると、痛みという形で血流が悪くなってますよ、と体が教えてくれます。 お風呂に入ったり、お布団でぬくもっている時は痛みが楽になるという方は、血流が悪くなっている可能性があります。 刺すような痛みがある方は特に血流が悪くなっている可能性が高いです。 血流が悪くなって足腰の痺れ、痛みが出ている方には温めて下半身の

10月入っても日中暑い日がありましたが、 だんだんと秋が深まって来るみたいですね。 この時期気になるのが、 日中と朝晩の気温差の大きさ。 そこで気を付けたいのが寒暖差疲労です。 気温の差が激しいと、 自律神経が過剰に働き、 体が疲れてしまう事を寒暖差疲労と呼ぶそうです。 特に女性は筋肉量が少なくて汗もかきにくいうえに、 女性ホルモンの影響よって ホルモンバランスも崩しやすいので、 気を付けた方がい

記事: Blog2_Post
bottom of page